山田進太郎D&I財団と八戸工業大学、
中高生女子のSTEM(理系)人材の育成に向けて連携協定を締結

公益財団法人山田進太郎D&I財団と八戸工業大学は、中高生女子におけるSTEM(理系)人材の育成に関して、包括的に協力していく連携協定を11月7日に締結しました。 

背景・目的

八戸工業大学の女性教職員で構成する団体「HITリケジョLABO」では、2020年度より北東北の女子生徒の理系の進路選択を増やすことを目的に活動をしています。多くの理系分野の職種で女性が求められている一方で、理系進路選択を躊躇する女子中高生が一定数いるのが現状です。このような状況を打開することをめざし、これまでに、体験型公開講座や商業施設でのワークショップ、系列校での講演会などを実施してきました。

2023年には、国立研究開発法人科学技術振興機(JST)「女子中高生の理系進路選択プログラム」に採択され、女子中高生を対象とした講演会や実験・実習体験などを開催しています。

 

公益財団法人山田進太郎D&I財団は、誰もがその人の持つ能力を発揮し活躍できる社会の実現に寄与するために、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)を推進する目的で、メルカリCEO山田進太郎氏が2021年7月に設立した公益財団法人です。STEM(理系)女子奨学助成金など、STEM(理系)分野におけるジェンダーギャップを解消する活動を推進しています。2023年8月には、「Girls Go STEM! 〜大学・高専支援プラットフォーム〜」を設立し、現在は全国13大学(お茶の水女子大学、北九州市立大学、熊本大学、佐賀大学、滋賀県立大学、芝浦工業大学、信州大学、帝京大学、東京薬科大学、東北大学、八戸工業大学、宮崎大学、山梨大学、五十音順)が参画。女子生徒を取り巻くステークホルダーとなる保護者や学校等教育機関、企業、行政/省庁と連携しながらSTEM(理系)分野で大学及び高等専門学校に進学する女子学生を増やすためのプログラムを支援しています。


今回、公益財団法人山田進太郎D&I財団と八戸工業大学が、より包括的な相互連携を行うことで、より多くの地域の中高生女子がSTEM(理系)分野の魅力に気づき、進学やキャリアを考える機会を得られると考え、連携協定を締結しました。 

連携・協力事項

(1)本学の活動に対する公益財団法人山田進太郎D&I財団のSNS等を通じた広報支援

(2)本学の活動に対する公益財団法人山田進太郎D&I財団の企業・ロールモデルのキャスティング支援

(3)他の活動機関との交流を通じたナレッジ共有や協業機会の提供

(4)前各号に掲げるもののほか、相互に協力することが必要と認められること


公益財団法人山田進太郎D&I財団公式ウェブサイト:
 https://www.shinfdn.org/